借金の額を減らしたり、利息をなくしたりなどができ、返済の手助けになってくれるもの

債務整理というものがあります。
いくつかの種類に分かれていますけど、借金の額を減らしたり、利息をなくしたりなどができ、返済の手助けになってくれるものです。

 

ですので、借金の額があまりにも大きくなってとてもじゃないけど返済できない人が利用している制度になってきます。
基本的に、自己破産、任意整理、民事再生があります。

 

まず、自己破産ですけど、こちらは債務自体をなくす事ができます。
つまり借金がなくなります。

 

ですのであまりに大きな額を借金している人は新たな人生のスタートをするために自己破産をする人も多いです。
戸籍に残る事もないですし、家族が保証人になっていなければ家族にも影響はないです。

 

また、会社にも影響はほとんどないです。
次に、任意整理があります。

 

こちらは今後の利息がなくなります。
さらに、今の借金の額を減額する事も可能ですので、かなり返済が楽になってきます。

 

最後に民事再生です。
民事再生は裁判所に届け出る必要があります。

 

裁判所によって借金が減額されてそれを分割で支払っていく事になってきます。
かなり減額される事もあり、今後の返済が楽になります。

 

このように、減額ができます。
ただ、債務整理をしますとしばらくの間は、金融機関からお金を借りる事ができなくなったり、クレジットカードを作れなくなりますのでそこは注意します。

債務整理を行う意味はどこにあるのか

債務整理は債務が積み重なって自力では返済が追いつかず、どうにもならないとなったときに、弁護士や司法書士などの手を借りて、事態を解決する方法を導きだす手段です。
債務整理イコール自己破産という印象を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうとは限りません。

 

どちらかといえば自己破産は、他の手立てが無いと判断されたときの、最後の切り札となるものです。
自己破産は確かに借金の負担から逃れることのできる方法ですが、その分デメリットも少なくないので基本的に簡単には行わないのです。

 

その代わりに債務整理では、今ある借金を減らし、返済をしやすくする手段をとることが一般的となっています。
かつて過剰に払っている利息があったとしたら、それを回収すべく活動したり、手に余る分の借金だけ免除してもらったりして、できる限り借金を返していくためのサポートを考えるのが債務整理です。

 

債務整理をしたところで、借金がゼロになるなど何かが大きく変わるわけではないというのは、肝に銘じておく必要があります。
自分が作ってしまった借金は、可能な範囲でしっかり返していかなくてはなりません。

 

借金を作る前の日常を取り戻すために、債務整理は気軽に行っていくべきなのです。

敢えて債務整理のデメリットを挙げるとしたら

多額の負債により首が回らない様な人達を救ってくれるのが債務整理という素晴らしい制度ですが、メリットがたくさんある一方でそれなりの制限や大変なこともありますので、敢えてデメリットの幾つかを紹介しようかと思います。
まず債務整理を行うと所謂ブラックリストと呼ばれるものに登録をされてしまいますので、一定の期間お金を金融機関などから融資してもらえなくなる可能性が出てくるんです。

 

債務整理の1カテゴリーの自己破産ですと7年から10年と言われていて、最もリスクが小さいと考えられている任意整理でも5年間位は借り入れの際に制限を受けてしまうということになります。
また自己破産と個人再生を行なった場合は官報と呼ばれる国が発行している機関紙に載ってしまう事となり、その制度を利用したということが外部に知られてしまいます。

 

任意整理の場合は官報には載りませんので、その点は心配の必要はありません。
そして借金をする際に保証人を付けていた場合は、その方にも迷惑がかかってしまうということがあります。
借金問題解決のお手伝いも行う弁護士

 

ですから保証人の方に影響を与えたくないという時は避けたほうが良いケースもあるのではないでしょうか。
色々と悪い面を挙げてきましたが債務整理は借金減額のためには有効な手段であることは間違いないですので、専門家の方としっかり相談をして最善の選択をすることが重要です。